就職先企業選びの絶対条件完全版
転職

今後30年に渡る就職先企業選びの絶対条件完全版

経済には大きな流れがあります。そして今現在の状況は新しい時代への過渡期。

特に顕著なのが、終身雇用制の終焉、バブル経済の終わり、デフレの終わり、高度経済成長は見込めない、人口ボーナスはもう来ない、ますます拡大するマネーゲーム化、AIの登場、副業解禁などです。

これらの特徴が経済の大きな流れを作り社会に影響を与えてきます。

そんななか我々は仕事や稼ぐ手段を探していかなければなりません。一つ言えるのは今までのような安定した職業がこれからの安定して稼げるとは限らないということ。

特に副業解禁やAIの影響から一部の仕事は人員過剰に加え副業も禁止されて全く儲からないという状況になりかねません。

今すでに安定した仕事についている方も、そうでない方もこれからの時代に合わせ一度付くべき仕事を考えてみるべき時期ではないかと思います。

終身雇用制の終焉、副業解禁

もう企業は終焉雇用の維持など不可能であると悟っています。人工が増え続ける時代にはプラスアルファの経済拡大が期待できましたが、これからは減る一方です。つまり常に景気より若干マイナスな経済を受け入れざるを得ません。景気は通常通り循環すると思いますが、減少する人工が冷水を浴びせ続けるでしょう。

こんな時代に従業員に継続的な昇給など与えられるわけがありません。だから「もうこれ以上は副業で稼いでね」というのが副業解禁の狙いなのです。大企業に勤めていても給料はそうそう上がりませんよ。

バブル経済の終わり、デフレの終わり、高度経済成長は望めない

1980年代に起こったバブルから数十年、日本はデフレに悩まされ続けて来ました。このデフラは終わったと思います。しかし、景気が良くなるかと言えば全くそうではなく。横ばいみたいな状態がずっと続いています。循環的な景気の波は今までもあり、リーマンショックが起きる直前くらいまではプチバブルの様相を呈していました。そんなプチバブルさえ最近は怒る気配がありません。

何もかも横ばいの凪の状態です。

今後10年20年とバブルは起きない可能性があるかもしれません。緩やかなインフレが長期に渡って続く可能性があります。

おそらく景気は悪くはないと思いますが、実感は出来ないという状態が続くのではないでしょうか。

僅かな収入の差が大きな差につながる

そんな時代にはわずかな、と言っても数百万円ですが、そんな収入の差がかなり大きな差として実感できるはずです。

景気は大きく拡大しないなか、給料も変わらないのでサラリーマンや公務員の大多数は全く変わらない給料のまま過ごしていくと思われます。そんななか副業解禁時代ですので、副業を出来るもの勝ちという状態にならざるを得ないと思うわけです。

本業の他に副業で稼げるかどうかが高所得者と中低所得者の差につながると考えられます。

人口減社会の到来、人口ボーナスは望めない

人工は経済にプラスの影響をもたらします。人工が増え続ける社会では常に経済が加熱しがちです。稼ぐ人、使う人がどんどん増える好循環だからです。その逆もしかり。今後は経済に人口減が冷水を浴びせ続けます。高度成長が怒りえない理由の一つがこの人口減問題です。

居住用不動産に価格下落

人工が減っていくことから、都市部以外の居住用不動産は長期に渡り価格が下落していくことが予想されます。おそらく東京名古屋などの中心地は上昇傾向だと思いますが、郊外や田舎の不動産は全く需要がない地域も増えていくでしょう。

すでに無価値の不動産は増えており「ただであげます」という状態です。

AIの登場

AIの登場でなくなる仕事は例えば次のようなものです。

  • 答えが簡単に出せるもの
  • 複雑な思考を伴わないもの(作業)

例えば携帯ショップに行って最適なプランを答えるような仕事はAIにとって変わられる可能性があります。また経理などの単純な事務作業もロボット化されやすい仕事です。弁護士、税理士、公認会計士などの仕事の一部もAIによって奪われる可能性があるでしょう。

ようするに知識や作業が中心の仕事は人工知能に酔って代替されやすいというわけです。人間が六法全書を暗証するのはたいへん難しいことですがコンピューターなら簡単です。記憶が完璧なロボットが、人間に近い思考回路を持ち答えを導き出せるというのがAIの本質だからです。

逆に配達業務など力を要する仕事は当分AIに取って代わられることはないでしょう。移動を伴うものは人工知能だけでは無理で完全にSFの世界のロボットの登場を待つ他ないと思います。

今後30年に渡りこの状況は続く

人口が上向きに転ずることは全く考えられませんし、1980年台半ばに終焉したバブルが最近(2011年代半ば)までデフレ経済を引き起こしたことからこれから先マイルドなインフレだとしてもかなりの長期にわたる可能性が考えられます。

もちろんはっきりとは言えませんが、デフレと同じ30年と考えるのが妥当だと思います。

こういった経済社会状況が続く中どのような職業を選べばいいのか。それが重要になってきます。

今までのように人気の大企業や公務員に務めておけばいいという考えはかなりやばいと思います。

人口減社会やAIの登場、高度経済成長が望めない社会がどうなるか考えて下さい。

結論を言えば売上が伸びないという時代になるわけです。人口も増えず経済も拡大しないなか売上が増えるわけがありませんよね?大半の企業は低成長に陥るのが当然なんです。AIで雇用が失われるのはまた別問題ですが、大企業や公務員の中に職を奪われる人がたくさんいるのは分かるでしょう。

これから拡大するのがわかっっているのは副業なんです。つまり正規雇用を減らし、アウトソーシングを進める中、副業としての労働者(フリーランス)が請け負う役割が拡大するということです。

そして公務員を筆頭に副業が出来ない仕事こそ一番稼げない職業になってくるわけです。

今後30年に渡る就職先企業選びの絶対条件完全版

このような状況の中でどんな仕事を選べばいいか。

働く道管理人

発想の転換が必要です。

今までとは逆になります。稼げる仕事は副業がメインです。…というのはまだ早いかもしれません。しかし最終的にはそうなると思います。基本的にフリーランスとして半分以上の収入を稼ぎそれ以外をアルバイトや社員として稼ぐというふうになるはずです。

企業も業績が全く伸びない中利益を伸ばせるのはコスト削減だけです。したがって費用における固定的な人件費を削減し、必要な時に必要な分だけ外注するというのがメインになってくるわけです。

そんな状況の中での就職先選びの絶対条件を考えてみましょう。

副業ができること

まず第一に副業が出来ることが絶対条件です。一部の業界以外売上が大幅に伸びることはありえませんのでこれから収入が伸びるとすれば副業が中心あります。そんな時「副業を禁止されている」ということが一番最悪の条件です。つまり公務員はアウトです。時代に取り残されます。

次に忙しすぎて副業などできないブラック企業もアウトです。ブラック企業は従業員からの搾取によってなりたっているので残業もほとんどサービス残業です。給料ももらえず副業がする時間も奪われるので2重苦です。ブラック企業に努めている人はすぐに転職活動を始めましょう。

安定的であること

これからは副業がメインになっていくので、会社は出来るだけ安定している方が望ましいです。副業が伸びてきた時に会社が潰れてブラック企業に転職してしまい副業が続けられなくなったとしたら最悪です。業種も職種も憧れの仕事でもやりたい仕事でもある必要はないのでとにかく安定してそうなところを選びましょう。

AIに取って代わられないこと

AIでなくなる仕事はいろいろ予想されていますが必ずそうなるかはまだわかりません。しかし、知識やデータに基づくもので、比較的単純な思考回路で結論が出るものについては、AIに取って代わられる可能性が高いでしょう。事務職などは大量に職を失うかもしれません。逆に営業職などはAIで代替するのは不可能でしょう。

成長しやすい業界(マネーゲーム化する社会)

人口も増えず、経済も大きく成長しない中、マネーゲームだけは進行していくと思います。つまり投資用の不動産や株式、株式そのた投資商品は成長が続くということです。仮想通貨のバカバカしいもあり上がりを見れば一発逆転で働かずに大金持ちになりたいと思っている人が大量にいるのはわかるでしょう。そういう人たちはほとんどカモですが財産をなげうって経済を下支えしてくれます。

そのためそういった投資が集まりやすい業界もおすすめできます。

これらのことから、副業が出来て残業がないか、あってもほどほどでしかも残業代もちゃんとつく、という条件が最良だと言えます。副業については積極的に認めているところと消極的に認めているところで随分差があります。今後10年でさらに差がつくでしょう。副業を認めない会社にいたら収入を伸ばすのは諦めたほうがいいと思います。

公務員や副業禁止の大手サラリーマンは絶望的だと思います。有名でなくても安定的で副業OKなホワイト企業を早急に探すべきでしょう。

危機感を抱いた方は二つほど転職エージェントに登録してすぐに転職活動を始めることをおすすめします。今すぐしないにしてもこういった条件が現実化することを頭においておきましょう。

転職エージェントは総合型大手転職エージェントと特化型転職エージェントに分かれる

転職エージェントを選ぶ前にエージェント各社はその強みや特色で大きく2種類に分かれると知っておくべきです。総合型の大手はその名の通りあらゆる分野においてある程度の情報力を持ちます。逆に特化型の転職エージェントは規模は小さいながらある分野に置いては大手に負けない情報量を持つわけです。この違いを理解していないと見当違いの転職エージェントに訪問して無駄な時間を費やすハメになる可能性もありますのでよく理解しておいて下さい。

おすすめの総合型転職エージェント(大手)

 

マイナビエージェントのヘッダー画像

マイナビエージェント

マイナビエージェントは幅広い分野の求人を扱っている大手総合転職エージェントです。

公式サイトによれば業種別求人率(看護師・薬剤師を除く)は、

  • IT・通信系33.6%
  • メーカー系25.7%
  • サービス・マスコミ系8.0%
  • 金融コンサルティング系7.7%
  • 流通・小売・専門店系9.5%
  • 商社系2.5%
  • 不動産・建設系5.8%
  • その他7.1%

となっています。

職種別求人率(看護師・薬剤師を除く)は以下のようになっています。

  • IT・インターネット・通信19.3%
  • 機械・電子、電子・素材8.7%
  • 医薬・医療機器・バイオ9.2%
  • 流通・消費財・アパレル・フード1.3%
  • 不動産・建設2.4%
  • 金融・コンサルティング3.1%
  • クリエイティブ系5.0%
  • 営業8.5%
  • 経営企画管理部音全般9.7%
  • その他

これを見るとIT系に非常に強いことがわかりますね。ベンチャ企業はIT系が多いので大手だけでなくベンチャー企業まで幅広い求人を扱っているということでしょう。

非公開求人が非常に多い

マイナビエージェントでは80%が非公開求人となっており、マイナビエージェントでしか応募できない独占求人もあります。非公開求人の多さはマイナビエージェントが持つ情報の専有性のあかしであり独自の案件をたくさんもっていることを意味します。

サポート力に定評あり

私も過去に利用したマイナビエージェントはサポート力に定評があり、私自身も手厚いサポートを実感した経緯があります。それで一番におすすめしているわけですがその理由の一つに、書類の添削や面接対策をうざいくらいにやってくれる(笑)という点があります。

マイナビエージェントでは「その企業は書類のどこに注目しているか」などを客観的にアドバイスし、通過率向上につなげています。さらに、キャリアアドバイザーが対面や電話で求職者からお話を伺い、書類に書くべき親和性の高いエピソードや企業にとって魅力となるスキルをアドバイス。アピール力のある応募書類の形を、具体的にイメージしやすくしています。(マイナビエージェント

とあるようにマイナビエージェント独自の情報力によりこの企業ならどういうことを応募書類に書くべきかなどを的確にアドバイスしてくれます。そのためマイナビエージェントの書類通過率は他と比べても高かった記憶があります。

転職はなんと言っても面接対策につきる

就職でも転職でも面接以外アピールできる場所はそうありません。つまり面接でほぼ決まってしまうわけです。この際面接での身だしなみや基本的な受け答えがまずければアピールする前に落とされてしまうかも知れません。この点マイナビエージェントではキャリアアドバイザーが「各企業を担当している陸リーティングアドバイザー」からの意見も参考にして的確なアドバイスをしてくれます。

マイナビエージェントではそのような対策によって面接通過率を大幅に向上させているとういことです。結果内定につながるわけですね。私もこの裏情報(おそらくリクルーティングアドバイザーからの情報)により1社内定したことがあります。(そこに入社しました)

マイナビエージェントの「リクルーティングアドバイザー」は企業への営業を行う担当です。リクルーティングアドバイザーはおそらく企業経営者や役員などと接しどういう人材が好まれるのかなどの通常知りえない情報を知りうる立場なのでしょう。そういった情報が求職者にもらえるのがマイナビエージェントをおすすめする最大の理由です。

DODAデューダ

DODAデューダ
DODAデューダの最大の特徴は転職エージェントと転職サイトを併せ持っているところです。

試しに転職サイト(同じページにあります。)のほうで検索してみるとこんな数字が。

DODAデューダの転職サイト検索結果(求人数)

なんと64,690件もの求人が表示されました。

咥えて転職エージェントとしての機能も持ち合わせています。

転職ノウハウや情報のサポートが豊富

DODAデューダのページを見てみるとわかりますが転職ノウハウなどの情報が非常に豊富です。今現在の年収が妥当かどうかの「年収査定」などもあります。また向いている仕事を調べれるキャリアタイプ診断も利用することが出来ます。

豊富な求人情報(非公開含む)を持つエージェントサービス

非公開求人を含む10万件以上から転職希望者にあった求人を紹介してくれます。

転職エージェントは転職を迷っている方にも専門のキャリア・アドバイザーが相談に乗ってくれるのでまだ迷っている方にもおすすめです。

応募書類の添削・面接サポート

履歴書や職務経歴書の書き方や添削をしてくれます。また企業ごとに内情を知った担当者がアドバイスをしてくれたりもします。

応募書類の提出、面接日程の調整

転職サイトと違って転職エージェントでは書類の提出や面接日程の調整もしてくれるので大変便利です。

条件交渉

内定が出た企業に年収などの条件交渉をしてくれます。

働く道管理人

DODAの転職サポートは非常に手厚いので転職がはじめての方も利用しやすくおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアもマイナビエージェントと同様に幅広い分野の求人を扱う総合型の転職エージェントです。

公式サイトによれば取扱求人の職種比率は、

  • 営業20%
  • ITエンジニア21.7%
  • ものづくりエンジニア19.9%
  • 管理部門12.4%
  • 医療専門職8.5%
  • 金融専門職1.7%
  • 事務・秘書1.7%
  • その他15.5%

となっています。

扱求人の業界比率は以下のようになっています。

  • ソフトウェア・通信18.7%
  • インターネット全般10.8%
  • 電気・電子半導体11.1%
  • 機械・輸送機器・エネルギー4.0%
  • 医療関連13.8%
  • 食品1.0%
  • 流通・外食・サービス11.4%
  • 建設・不動産・住宅5.5%
  • アパレル・消費財1.4%
  • マスコミ・出版・広告代理店2.4%
  • 商社全般4.1%
  • 金融全般・監査法人5.8%
  • その他1.1%

また男女比率は男性63.2%に対し、女性は36.7%となっています。とりわけ興味深いのが転職回数です。割合で見ると転職回数0回が42.9%、1回が22.1%、2回が15.9%、3回が19.2%と2回3回が36%近くを占めています。これによりパソナキャリアが転職回数が多い応募者も積極的にサポートしているようすが伺えます。このサポートの手厚さはパソナキャリアならではでしょう。私もパソナキャリアを利用しましたが、その当時都内のオフィスを利用視野に開放していて自宅近くだったので引きこもらないよう通っていましたが担当の方がよく気にかけてくれて手厚いサポートだなと感じたのを覚えています。

求人件数が多い

パソナキャリアによれば求人件数は40000件以上となっており、取引実績企業も16000社以上となっています。様々な企業との取引実績から担当者と企業とのつながりも深くより現場に近い情報を教えてもらうことが出来ます。転職エージェントトとしての歴史の長さは企業とのパイプの太さいもつながるため信頼のできるエージェントです。

サポートが非常に手厚い

私が転職した当時もいいたれりつくせりという感じが強かったです。歴史の古いパソナでこその情報量をもとに専任のアドバイザーが無料でカウンセリングをしてくれるため思いもよらない業界から魅力的な求人が見つかることもあります。

書類添削や面接対策も手厚くやってくれます

非公開求人が多い

パソナキャリアでは約80%が非公開求人となっています。

パソナキャリア過去の非公開求人

過去にこのような企業が非公開求人を出したとうことです。

さらにパソナキャリアでの転職後の年収の増減は60%がアップしたとうことです。

私の経験からもパソナキャリアのサポートが一番手厚いことは明らかでありいくつかの転職エージェントを選ぶ時その1つにすることを自身を持っておすすめできます。(伊達に3回転職してません笑)

 

※エージェントに加え、情報収集用に転職サイト「リクナビNEXT」に登録しておくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)