安定?高スペック?本当の安定は生涯賃金を稼いだ順におとずれる
転職

安定?高スペック?本当の安定は生涯賃金を稼いだ順におとずれる

最近youtubeで2chのまとめみたいなテキスト動画を見るんですが、そこで時々高スペックな男みたいな話が出てくるんですね。私も大学はまあ有名なところをでましたが今は独立していますのでとうてい高スペックとは言えません。でもこういう凝り固まった考えの人ってかわいそうだな~っていつも思うんです。

また以前結婚式に出たときなんかはよく「年収いくら?」って同級生の女から聞かれたものです。その都度ここまで腐ったかとか思いつつゴミを見るような目で「テメーに俺の年収が何故関係ある。あるわけねーだろ笑」みたいに私ははっきり言っちゃうタイプです笑

これからカイジに出てくる俗物のような人たちは自分のことを客観的に見れないのかな?とか思ってしまいますが多くの人が正気を失っているんですよ。

その原因は日本の教育にもありますが、人生って実は単純、本当に足し算引き算でしかないと思うこともあります。何を言っているかわからないでしょう。

とにかくこの記事では多くの人が安定と思っていることが安定とは限らないことを説明します。

もっとも安定した職業とは

もっとも安定した職業は何でしょうか。答えは投資家です。または金利生活者でしょう。今の金利で金利生活が出来る人は相当の大金持ちですけどね。

例えば3%の利回りで資産運用できたとして3億円持っていれば年間900万円の投資収益が入ってきます。しかも投資は別にすることは大してないのでやろうと思えば働いて数百万円稼ぐことも出来るでしょう。

そうすれば仕事は平均的なサラリーマンだとしても年収1000万円くらすの勝ち組サラリーマンと別に変わらない高収入ですよね。しかも投資の方は不動産などなら比較的安定していますのでリストラなどがあるサラリーマンと比べても安定的だと言えるでしょう。

安定的な収入を得られる仕事ほど上限が定められている

公務員などの安定した仕事ほどあぶれる可能性は少ないですが稼げる給料も上限がはっきりしています。つまり安定的な仕事であればあるほど青天井の給料がもらえるところは少ないです。公務員で5000万円もらってるなんて聞いたことないですよね。

これはどういうことかというと収入が制限されているということです。

生涯賃金の意味

生涯賃金は仕事や学歴によっても変わってくるようですが最近の統計だとだいたい2億円から2億5000万円のようです。この生涯賃金がこの話のポイントです。

安定的な仕事では給料の上限が決まったしまいます。つまり生涯賃金を稼ぐまでに必ず一定期間がかかってしまうのです。

極論、生涯賃金さえ稼げばもう働かなくてもいい

人生の早い時点で2億5千万円を稼いでしまい。どこかに家を買ってお金がかかることがなくなってしまえば、普通の暮らしで満足できればもう働かなくていいのです。

それ以上の安定ってあるでしょうか。お金さえ持っていれば働いていようが今が生活が出来るんです。つまり人生って生涯賃金を稼ぎきった者勝ちだということです。

例えば冒頭に上げたような女子に合コンでこのように言われたとします。

「無職とか低スペックどころじゃないよね。年収800万はあって公務員か有名企業じゃないと絶対無理」

しかしすでに生涯賃金を稼いだあなたはこういう事ができます。

「しかし高スペックな会社員や公務員も俺がすでに稼いだ金額を稼ぐにはまだ20年も30年も働かなくてはならない。俺が稼いだ金は君の言う高スペックな人たちの20年30年に該当する」と…。

相手はぐうの音もでないはずでです。

つまりどういうことかと言うと年収5000万稼げる仕事を5年続けられるのならば一般的なサラリーマンや公務員の安定度と釣り合うとうことです。もちろんその後に失敗してそんをしたりすると狂ってしまいますので常にコストがかかる高リスクの商売ではまた違うかもしれませんが。

さらに言えば5年で2億5000万円稼いでしまえばそこで無職になったとしてもこつこつアルバイトをして生活費だけ稼いで暮れば貯金は殆ど減らずに安定した生活を摺ることもできます。

これらをまとめるとこう結論づける事ができるんです。

雇用が安定しているかどうかは関係ない人生の安定は生涯賃金をどれだけ早く稼げるかによって決まる

私が過去の面接を受けた会社では最高で年収が5億円というサラリーマンがいます。また2000万円は普通に稼げるよと言ってきた不動産会社もありました。

これらの会社なら10数年働けば生涯賃金である2億円から2億5000万円を稼げてしまう可能性も高いでしょう。社会人になってからの10数年というのは長い気もしますが結構あっという間に過ぎてしまうものでもあります。

多くの人はこれらの金額を稼ぐのに20年以上。ほとんどの人は30年かかることでしょう。

生涯賃金さえ稼いでしまえばその後は安定した雇用自体がいらなくなる(失職しても関係なくバイトでもいい)という現実に早く気づくことが大切です。

大企業と公務員が高スペックという凝り固まった考えに毒されている人はなかなか理解できないかもしれませんが、それこそラットレースから抜け出せない人間の考えなんですよ。

ストレスに晒されもう何年も働けないかもしれないと恐怖を抱いている人も実は結構いるはずです。そういう方は短期間で一気に稼ぎきる人生も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

高収入の仕事を探すなら転職エージェントへの登録がおすすめです。転職サイト(リクナビNEXT)ひとつと複数の転職エージェントに登録して転職活動を始めましょう。

転職エージェントは総合型大手転職エージェントと特化型転職エージェントに分かれる

転職エージェントを選ぶ前にエージェント各社はその強みや特色で大きく2種類に分かれると知っておくべきです。総合型の大手はその名の通りあらゆる分野においてある程度の情報力を持ちます。逆に特化型の転職エージェントは規模は小さいながらある分野に置いては大手に負けない情報量を持つわけです。この違いを理解していないと見当違いの転職エージェントに訪問して無駄な時間を費やすハメになる可能性もありますのでよく理解しておいて下さい。

おすすめの総合型転職エージェント(大手)

 

マイナビエージェントのヘッダー画像

マイナビエージェント

マイナビエージェントは幅広い分野の求人を扱っている大手総合転職エージェントです。

公式サイトによれば業種別求人率(看護師・薬剤師を除く)は、

  • IT・通信系33.6%
  • メーカー系25.7%
  • サービス・マスコミ系8.0%
  • 金融コンサルティング系7.7%
  • 流通・小売・専門店系9.5%
  • 商社系2.5%
  • 不動産・建設系5.8%
  • その他7.1%

となっています。

職種別求人率(看護師・薬剤師を除く)は以下のようになっています。

  • IT・インターネット・通信19.3%
  • 機械・電子、電子・素材8.7%
  • 医薬・医療機器・バイオ9.2%
  • 流通・消費財・アパレル・フード1.3%
  • 不動産・建設2.4%
  • 金融・コンサルティング3.1%
  • クリエイティブ系5.0%
  • 営業8.5%
  • 経営企画管理部音全般9.7%
  • その他

これを見るとIT系に非常に強いことがわかりますね。ベンチャ企業はIT系が多いので大手だけでなくベンチャー企業まで幅広い求人を扱っているということでしょう。

非公開求人が非常に多い

マイナビエージェントでは80%が非公開求人となっており、マイナビエージェントでしか応募できない独占求人もあります。非公開求人の多さはマイナビエージェントが持つ情報の専有性のあかしであり独自の案件をたくさんもっていることを意味します。

サポート力に定評あり

私も過去に利用したマイナビエージェントはサポート力に定評があり、私自身も手厚いサポートを実感した経緯があります。それで一番におすすめしているわけですがその理由の一つに、書類の添削や面接対策をうざいくらいにやってくれる(笑)という点があります。

マイナビエージェントでは「その企業は書類のどこに注目しているか」などを客観的にアドバイスし、通過率向上につなげています。さらに、キャリアアドバイザーが対面や電話で求職者からお話を伺い、書類に書くべき親和性の高いエピソードや企業にとって魅力となるスキルをアドバイス。アピール力のある応募書類の形を、具体的にイメージしやすくしています。(マイナビエージェント

とあるようにマイナビエージェント独自の情報力によりこの企業ならどういうことを応募書類に書くべきかなどを的確にアドバイスしてくれます。そのためマイナビエージェントの書類通過率は他と比べても高かった記憶があります。

転職はなんと言っても面接対策につきる

就職でも転職でも面接以外アピールできる場所はそうありません。つまり面接でほぼ決まってしまうわけです。この際面接での身だしなみや基本的な受け答えがまずければアピールする前に落とされてしまうかも知れません。この点マイナビエージェントではキャリアアドバイザーが「各企業を担当している陸リーティングアドバイザー」からの意見も参考にして的確なアドバイスをしてくれます。

マイナビエージェントではそのような対策によって面接通過率を大幅に向上させているとういことです。結果内定につながるわけですね。私もこの裏情報(おそらくリクルーティングアドバイザーからの情報)により1社内定したことがあります。(そこに入社しました)

マイナビエージェントの「リクルーティングアドバイザー」は企業への営業を行う担当です。リクルーティングアドバイザーはおそらく企業経営者や役員などと接しどういう人材が好まれるのかなどの通常知りえない情報を知りうる立場なのでしょう。そういった情報が求職者にもらえるのがマイナビエージェントをおすすめする最大の理由です。

DODAデューダ

DODAデューダ
DODAデューダの最大の特徴は転職エージェントと転職サイトを併せ持っているところです。

試しに転職サイト(同じページにあります。)のほうで検索してみるとこんな数字が。

DODAデューダの転職サイト検索結果(求人数)

なんと64,690件もの求人が表示されました。

咥えて転職エージェントとしての機能も持ち合わせています。

転職ノウハウや情報のサポートが豊富

DODAデューダのページを見てみるとわかりますが転職ノウハウなどの情報が非常に豊富です。今現在の年収が妥当かどうかの「年収査定」などもあります。また向いている仕事を調べれるキャリアタイプ診断も利用することが出来ます。

豊富な求人情報(非公開含む)を持つエージェントサービス

非公開求人を含む10万件以上から転職希望者にあった求人を紹介してくれます。

転職エージェントは転職を迷っている方にも専門のキャリア・アドバイザーが相談に乗ってくれるのでまだ迷っている方にもおすすめです。

応募書類の添削・面接サポート

履歴書や職務経歴書の書き方や添削をしてくれます。また企業ごとに内情を知った担当者がアドバイスをしてくれたりもします。

応募書類の提出、面接日程の調整

転職サイトと違って転職エージェントでは書類の提出や面接日程の調整もしてくれるので大変便利です。

条件交渉

内定が出た企業に年収などの条件交渉をしてくれます。

働く道管理人

DODAの転職サポートは非常に手厚いので転職がはじめての方も利用しやすくおすすめです。

パソナキャリア

パソナキャリアもマイナビエージェントと同様に幅広い分野の求人を扱う総合型の転職エージェントです。

公式サイトによれば取扱求人の職種比率は、

  • 営業20%
  • ITエンジニア21.7%
  • ものづくりエンジニア19.9%
  • 管理部門12.4%
  • 医療専門職8.5%
  • 金融専門職1.7%
  • 事務・秘書1.7%
  • その他15.5%

となっています。

扱求人の業界比率は以下のようになっています。

  • ソフトウェア・通信18.7%
  • インターネット全般10.8%
  • 電気・電子半導体11.1%
  • 機械・輸送機器・エネルギー4.0%
  • 医療関連13.8%
  • 食品1.0%
  • 流通・外食・サービス11.4%
  • 建設・不動産・住宅5.5%
  • アパレル・消費財1.4%
  • マスコミ・出版・広告代理店2.4%
  • 商社全般4.1%
  • 金融全般・監査法人5.8%
  • その他1.1%

また男女比率は男性63.2%に対し、女性は36.7%となっています。とりわけ興味深いのが転職回数です。割合で見ると転職回数0回が42.9%、1回が22.1%、2回が15.9%、3回が19.2%と2回3回が36%近くを占めています。これによりパソナキャリアが転職回数が多い応募者も積極的にサポートしているようすが伺えます。このサポートの手厚さはパソナキャリアならではでしょう。私もパソナキャリアを利用しましたが、その当時都内のオフィスを利用視野に開放していて自宅近くだったので引きこもらないよう通っていましたが担当の方がよく気にかけてくれて手厚いサポートだなと感じたのを覚えています。

求人件数が多い

パソナキャリアによれば求人件数は40000件以上となっており、取引実績企業も16000社以上となっています。様々な企業との取引実績から担当者と企業とのつながりも深くより現場に近い情報を教えてもらうことが出来ます。転職エージェントトとしての歴史の長さは企業とのパイプの太さいもつながるため信頼のできるエージェントです。

サポートが非常に手厚い

私が転職した当時もいいたれりつくせりという感じが強かったです。歴史の古いパソナでこその情報量をもとに専任のアドバイザーが無料でカウンセリングをしてくれるため思いもよらない業界から魅力的な求人が見つかることもあります。

書類添削や面接対策も手厚くやってくれます

非公開求人が多い

パソナキャリアでは約80%が非公開求人となっています。

パソナキャリア過去の非公開求人

過去にこのような企業が非公開求人を出したとうことです。

さらにパソナキャリアでの転職後の年収の増減は60%がアップしたとうことです。

私の経験からもパソナキャリアのサポートが一番手厚いことは明らかでありいくつかの転職エージェントを選ぶ時その1つにすることを自身を持っておすすめできます。(伊達に3回転職してません笑)

 

※エージェントに加え、情報収集用に転職サイト「リクナビNEXT」に登録しておくのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)