転職に関する掲示板

Forum Navigation
You need to log in to create posts and topics.

転職を決めた理由について語るスレ

転職を決めた理由についてのスレッドです。

転職を決めた理由についてのネットのまとめや、ツイッターなどを紹介します。基本記事にするほどでもない短い文章の集まりですのでご了承ください笑

ツイッターなど引用内のリンクに当サイトのリンクを含む場合がありますがご了承ください。。

 

私が転職を決めた理由は人間的にい向上できないなら続けてもしょうがないという理由です。似た理由で転職を決めた人が圧倒的にたくさんいるということにも驚かられました。しかし転職までに前職のの作業継続期間が短いとキャリアアップ上他の人と同様事をしていても継続性に問題があるとみなされかねません。なので、そこで耐えるかどうかという問題になりますね。

これに関してはこの記事をどうぞ。

また他にもい多いのが人間関係への不服です。40代くらいになると部下とのかかわりで関係が反転している場合も多いようです。年下の上司ってつらいですよね。また逆に部下からすると上司との折り合いが悪いことや同僚との間に隔たりがある状態はやりづらいと感じることが多いようです。

また、勤務時間や給金よりもやりがいを求める人でさえ人間関係によっては給与査定に不満を感じてしまうとうのもあるみたいです。ある女性はその課の中で先ずもっての成功だと思っていたのですが、今になって部下との関係に問題が起こり自身の力だけではこれ以上は改善できないと感じてやる気をうしなってしまったのだそうです。そういう人間関係でモチベーションを失う事例が意外と多いものです。

転職によってモチベーション高く維持していくことはこれからの人生では重要だと思います。その女性は前の会社では彼女に非があるという風に怒られていました。思うままに取引を決めても何らかの理由を付けてけなされる、などがあったそうです。上を目指して転職を決めたとしても、パワハラをする人間がいなくなるとは限りませんが、少なくとも人間関係は重視して転職先を選んだ人は一定数いるため同じ悩みの人は多いということです。

勢いでの転職で仕事をほうりだす前に、色々考えることがおすすめです。上司や同僚掛り合いが悪いとかが理由の場合もあるでしょう。今まで順風満帆だったのに急に周りの人に合わないとか言うのはちょっと一時の気の迷いのような気もします。一緒に働く人との情況の変化により転職していたら、きりがないち追うのもあります。しかしだからと言って決め手がないままずるずる働くのも禁物です。

会社が倒産してからではいけません、今の民衆の流れから行くといずれ今回者は破産するだろと思ったら、明りょうに会社自体の継続性について厳しくチェックすべきです。転職できない年齢で会社が倒産したら非常にツラく、リスクが大きいです。会社の経営があることがこの上なく当然と決定づけていると危険です。会社がいつ傾いてもおかしくないなって思えてくるのであれば、腐敗してしまう前にそれが一時的な気持的なもの(そういう気がするだけ)でないということを検証するのがおすすめです。

そのうえで転職をすると結論づけるのであれば、いいと思います。このまま続けていてもまったくもって上司の態度が変わらず営業してもモチベーションが続かないという場合も多いと思います。

詰まるところ差し当たって転職する理由までは繋がらないのだけど、理屈はとしては、以前勤めていた会社にお会長がADHDっぽい人とか単に変な人とかをどんどん入れちゃうらしかったんだよね。おそらく会話と会話の合間が特殊で面白く見えるし、成長性があると思うんだろうけど、結局人事部の人たちがストップしていたらしい。でも、社長の意思なんで転職出来てらしく、止めようがなかったけれど…、そんな感じで企業の文化や仕組みによっても違うので、働いている人がどういう人たち化は会社によってかなり違うと思うj。

私もやめる前は燃えてたなぁ。ADHDっぽい人たちはわけはたびたび分からん笑

ブラック企業では目的の見つけやすさはあるけど、あまりの個性の強さで社員が連帯できないイメージはあります。詰まるところ、どんな人材が多かったとしても会社に腰掛けるつもりで個人のスキルアップの可能性や機会を重視するのがいいのかも。また給与が安いなら将来が見込める事業じゃないと行ってはいけない転気がしますね。逆にそのあたりの条件が悪ければ転職理由としていいと思いますね。

私の知人の実体験から推し測るに…辞職べきタイミングというのは結構微妙ですよね。転職することを決めて行動するうちに評判は下落し「あいつ働き口がひどいのが耐えらなくてやめるらしい」なんて言われたいます。頑張って貯めた貯えがどんどん減っていくものつらい。リスクは等しく忘れた頃にやってくるのです…。

吐き気、頭痛、腹痛といったストレスが、やっとやめられたにもかかわらずやってきます。転職の不安や過大のストレスのせいです。早めに気づいて病院にいったから良かったけど、耐えてたらやばかったかもと知人は言っていました。決めてから止またほうがよかったそうです。転職前の勤め先も10年耐えて続けると決めていた仕事なのにやめたのでモチベーションも下がります。さらにやめたやつにも必ずやってくる国民年金の徴収…住民税。恐ろしすぎる。

さらにやめてむしょくになっただけで「ニート!クズ!」なんて言われてしまい、ストレス性の過敏症も治らなかったり、さらには瞼や手足の痙攣まで出てきてしまったそうです。自分の意志で決定した訳なんですが、そんなに簡単に退職すべきでないという理くつもわかるのだとか。転職先が決まらず転職するとか退社をまず決めて転職先を探すとか、どちらも同じことですがリスクがあります。次の勤め先が決まる前に思い浮かぶ不安やそれによるストレスが非常に大きいし、危険なのだそうです。

私自身の転職理由は大まかに言ってしまえばミスマッチを感じてとしか言いようがないかもしれません。しかしそのような単発的な転職理由では面接の際に一回目の面接の場はしのげたとしても、2回目の以降の面接で徐々に「入社後に隔を感じるかもしれない」などと思われて「そんな転職理由で会社辞めてもいいんですか?なんてボロクソ言われた人を見たことがあります。転職理由の項目は応募する会社の社員とすばらしい係りあいを築けそうな人という印象を与えるように、人間関係のこじれなどを感じさせない文面にしたほうがいいです。

あまり不満を言うと入社後もおんなじような不満足を口にするのではないだろうか、などと思われてしまいます。綿札感もちゃんとなじめるかどうかをジャッジすることもありますし、同じ理由でうちの会社を退社しないかということを見ているのです。一緒に働きたいかどうかというのが第一ですが、会社がブラックで労働環境が真っ黒だから辞めました、というと一見正当なのですが、「うちもブラックと言えばブラックだしなあ」となってしまいますし、かといっていろいろ隠せば本音で話さない応募者のイメージがついてしまうので、なかなかうまくいかないものです。

もともと縁があって集い集って一緒に働いた集団なのだから、そう簡単にやめてはいけない。という声も聴きましたが、しかし深夜労働が当たり前という企業文化も珍しくはなかったことから、私の知人も会社を辞める人は多かったです。ブラックすぎてやめたという30代女子と居酒屋で弁論をしたときに共感を受けました。

サラリー学人上司のちょっとした顔色を窺わなければいけません。当然ではないかと言う人も多いです。しかし無理な人には無理ですよ。副業や在宅ワークへの入り口を断つ理由はありません。

 

転職では「やめた理由はなに?」具体的に聞かれることもありますけど、自身のふがいなさから辞めたなんて言っちゃいけないんですよね。どんなことが「嫌だったの?」なんて聞かれてパワハラされたというのを聞いた採用担当者が「自分にもあくどい所があったのでは?」なんて言ってくることもあります。

以前は新卒採用、年功序列、終身雇用の3点セットは当たり前のことであり、会社で働き続けることはつらいものでもあり、しかし安定を得る意味はありました。しかし今はそう大きな意味はありません。

終身雇用が前提条件の企業では、一度辞めれば「二度と会うことはないという雰囲気だったと思います。二度と敷居をまたげないという企業を飛び出した後の就業体験にこれまた一筋縄では行かなったということが、今なら理解できますね。

通常は会社思いやる社員のことを嫌う社長はいない。そのまでの起業先進はなりにくいもんです。企業のことを真面目に考える社員はとても貴重です。しかしYoutuberも言っていましたが、それでも従業員を道具としか見ていない経営者もいます。さすがに企業内の講演「やめたやつはクズだ」なんて言われればやめたくもあります。私からは損な会社はさっさと辞めたほうがいいよと言いたいですね。やめたやつの悪口を経営者に言われたらそれなりにヤバいと思います。そんな企業、絶対に早くやめたほうがいいということを人に伝えたい。あたりから転職するかどうか悩んでいる、そんな人には辞めたほうがいいですよということにしています。そんな会社はすぐに辞めたほうがいい。なぜならこれからの時代企業自体のヤバさを知るのに加え、会社だ会社はやばい会社とと早く悟ったほうがいい。

転職の問題はたいてい経済問題です。ファミリーを養っていけなくなるほど給与を稼げなくなり、大事なのは経済的な裏づけがクリヤーできるかどうかです。その金銭面での不服から転職を考えるしているとしたら、転職したことを悔しがることがないようにする必要があります。それはすなわちただいまの勤務場所に不承認を抱え、これらのことで悩んで憂うつになるなどの大きなデメリットがあるかどうか考えてみることです。あればそれが大きな経済的マイナス要因とも言えます。

まずは安らぎを感じるくらいになるまで待ちましょう。安定した精神状態で考えることが大事です。こんな風にネガティヴに考えては行かないなどと感じる段階では動かない方がいいです。「転職したい」と思った時は今よりも精神的に耐えられないマイナス面がないかどうか精査し、もっとも大切なのは勤務場所に馴染めなくて、鬱になったりすることがないかどうかです。希望するところと配属先が異なっていたり、滅茶滅茶考えました。超勤がないと聞いていたのにうそだったり。面接で聞いていた労働と違うお勤めをしなければならなくなる場合もあります。実際には残業があったりなど、聞いていた話と全然違うことも多いんです。

最近もはやよく分からないコンディションです。多少テンパっているので指南書を見ても、仕事で同等の能力を有する人と仲良くなれなかったといった状況です。人間関係に関することは、本当に難しい。全員が製作物を作るのがおもしろい経験といった人ばかりだったのが印象的です。

転職理由としてはNGですけどね。だめな回答の代表例です。上司とそりが合わなかったって気持ちがわかりますが超どえらい爆弾です。日々のやりがいのためににこの人と働きたいという思いで決めた会社だから早く一緒に働きたいという来られる使用者の方はたくさんいるようです。働き方は様々ありますので、ひとそれぞれですよね。行動を起こしたかという点は評価できます。どのようなシステムにも欠点はありますので、理想を掲げてもこういう状況ありますよね。転職理由となった現職や前職での不承認や心配を自身自身で解決するための参考になればと思います。

電飾できないのは需要がない出来損ないとよく言いますが、何が出来損いでなにが怖くて行動できないのかよくわからないのも事実です。第二新卒にもふつふつ湧いて上がる恐怖が見て取れます。大手企業からは転職しやすそうだからなどという理由で選ばないで欲しいという声もあります。例えばナース辞めたいって言うとかコンサルで朝から晩までやらかすのにめっちゃつらいなどの理由で退職を申出で転職したいというのはどうでしょうか。さらに例えば私は、今やっている仕事では志望理由に、希望の転職を完遂したいなどと書きましたが、キャリトレだけは書き付けるようにしとけと言われました。せっかく内定取ったのに勿体無いとも言われます。転職したいけど賃金もいいし食いっぱぐれがないって言われることがあるけどこれからは不安です。

転職においても首尾よくいってるのに人の考えを問いかけるのは悪くないといえる。私もずいぶん考えました。しかし知りあいの妹はビジネスもほれ込むほど総べてマスターしております。そんな彼女出させもパワハラ+長時間押しこめる企業に負けて転職失敗したなと言っているくらいです。私は転職にやり損いする人がおびただしいもとは最後の会社が常に失敗で、ハズレクジしかひかない宿命なんだなあと思ってしまいます。反面、守備のため間違いした時あんな求人票で何が分かるのかという思いもあるのです。

転職悩むけど煮え切らなさすぎて決められない、でも来て来てと言ってくれている、こんな方がいました。条件はわりといいとこと心懸けるが足りない気もします。気分転換をこころがけていますが思っているところは、とにかく一旦やってみたいとうこと。でもインターンはできないです。業務委託でやってみてみる?と言われますが、なかなかそういうところはありません。ぜんぜん決まらない因果関係もそこにありますね。転職活動してるけど、決まらないという方は自分の価値観を再検討しましょう。並行で別の転職活動をするのもいいです。勤務形態をしばらない方向で話を聞きに行ったりした方がいいかも。

転職初日だったんだけど病院の看護師で立ち働くことが嫌なんだって気持を知人が吐露してくれた。辞めたいけどゆるゆる覚えていこうと思って急な引っ越しでの転職に一時的に困窮はしたけど頑張ったんだそうな。

特に転職はもうコケたら断念しかないと感じだけど笑って今日を過ごせていることに感謝したい。車運転してるのは恐怖を感じたけど投資でも転職でも相手に理解して欲しいなら会話するしかない。

学歴関係無いと言ってもなかなか厳しいなあ。時代を読みそこなうようなことでもしてるんですかねまじで。

もっと新鮮な事やりたいけど仕事がそうそう選べないので。大体すぐ声かかりそうな気がしますが甘いんですかね。

まぁ年が年なのでシビアだろうけど、求める条件が厳しいのか自分を高く見積もりすぎているのか。

(40代前半男性)

Twitterより転載

いち(故あってしばらく低浮上)
@Ichi_chansama
·
2019年1月2日
お仕事前に一つだけ。

インフルエンザの予防接種していてもインフルエンザなることは往々にしてあるので、

年末年始の休みで気を抜いたからインフルエンザになる

とか、

予防接種してるのにインフルエンザとか嘘つくな

とか言う残念な人がいる職場は未来がないので転職考える契機だと思うよ!

 

青い薔薇
@Trans_Blue0630

2017年9月28日

うつ病は負担となる出来事や状況の変化を契機として発病することがある。昇任、転職、婚約、家族成員の移動(死亡、別居)、出産、転居、地位や財産の消失など。ここで注意して欲しいのは、辛い出来事ばかりではないこと。つまり、うつ病はストレスにより発病するのではない。勘違いしないように。
都会の引きこもり@それでも年収1000万円
@tokaihikikomori

2月6日

アラフォーで今の仕事に悩んでいる人に伝えたい ・仕事が居場所である必要はない ・仕事が生きがいである必要もない ・家族など大事な存在がいるならその人との時間を大事にすべき ・そのために今の仕事が天職か考えるべき ・35歳転職限界説はない 36歳で未経験業界に転職成功した自分から以上です。

なかなかいいtweetがあったので紹介します。

座間 智也 / 美容師✂️→スポーツベンチャー🔥 @sf_zama · 2月9日 転職成功する人の特長 ・明るい ・元気 ・笑顔が良い ・清潔感ある ・レスポンス早い ・前向き そして『臆病』な人が多い気が。 "どうにかなるでしょ"って思わず、きちんと準備してもらえる。 スキルや経験は大事だけど、若年層の転職に関してはそこまで重要ではないと思います。

何はともあれ正社員を始めてしばらくすると、あれほど勇気を振り絞って応募しなきゃとか騒いでいたのに正社員は楽しい上に報酬があって素晴らしいなとも思い、うれしく思った記憶があります。しばらくするまでちょっと慣れなくてそわそわしますが、いままで働いていなかったことがあほらしくなるほどですので、正社員になるための就活に挑戦したいと思っている方は考えるだけではなく、怖いのもわかるのですがやはり試してみることが重要です。